せどりは時給制ビジネス

まだせどりを始めて1週間やそこらですが、気付いた事があります。

それは、

結局せどりは「時給制ビジネス」だ

という事。

 

ここまでの感触としては、本業をメインにやりつつ、片手間で仕入れるというペースでやっても、月10万円程度の利益は出せそうに感じます。

月20日8時間のペースでやれば月50万円程度の利益は堅そうに感じますが、「仕入れをやめたら、在庫がつきて売上が無くなる」ので、仕入れ続けなくてはならず、結局はどれだけ働いたか(仕入れに時間を費やしたか)で利益が決まる『時給』の世界ですね。

もちろん、効率化することで『時給』を上げる事は可能ですが、アフィリエイトのように「一度利益が出るようになれば、ほとんど何もしなくても利益が出続ける」仕組みにする事は出来ません。

 
そこで必要なのは、やはり「自分の手から離れても回り続ける仕組みを作る事」。自分がいなくても、社員やバイトがせどりをして、会社に利益をもたらしてくれる、そういった仕組みが作れないと、いつまでも自分が働き続ける環境から抜け出せません。

高原式どこでもせどりスクールも、結局は組織化してこその「月150万円」なわけで、せどりのノウハウはもちろん、そこから先の『組織化』のノウハウを吸収していかなければなりません。

 

いつまでも自分一人ではやっていけない、そこがアフィリエイトとは違うところで、上手に人を使うというステージにステップアップしないとですね・・・。

コメントを残す

サブコンテンツ

カレンダー

2018年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

このページの先頭へ