okayan流、FBA混合在庫の有効活用方法

2014-08-18_172436

 

FBA混合在庫、使ってますか?

 

ほとんどの人は、「使ってない」と答えるみたいですが、混合在庫、マジ便利っすよw

混合在庫って何? って人は、まず

Amazon.co.jp ヘルプ: ラベルなしの混合在庫商品

を読んでください。

 

上のヘルプページに書いてあるとおり、混合在庫として納品された場合、誰が納品したかを区別せずにバイヤーに発送されます。

出品者Aが納品した商品が、出品者Bから買ったバイヤーに送られることもあるって事ですね。

 

で、混合在庫使ってない人のほとんどは、他の出品者が納品した「不良品・状態の悪い商品」がぶち当たったらどうすんねん!

ってことだと思うんですよ。

 

でも、自分かなり混合在庫使ってますけど、混合在庫商品でクレームや返品などのトラブルになったことは一度もないです。

そうは言っても、自分が出品したもの以下のコンディション商品が当たるリスクはあるし、それはゼロにはならんと思うんですが、リスクを減らすための策はあります。

この辺ちゃんと気をつければ、そうそう状態悪い商品に当たることは無いと思います。

 

1.FBA出品者を確認する

当たり前ですけど、FBA出品者数がゼロの商品は自分が出荷した在庫=出荷される在庫になります。

後から混合在庫で納品されたらゴッチャになっちゃいますが、少なくとも出品者がゴロゴロいる商品よりはリスクが少なくなりますよね。

あとは、評価の低い(特に商品状態についての低評価が多い)出品者がいる場合は要注意。これ混合在庫にされてたら、やばいのが当たる可能性があります。
 

2.高額商品は避ける

これは考え方次第だと思いますが、たっかいハードディスクとか、そういうのは止めた方がいいと思います。

まー、高額商品の出品者の方が、低価格商品の出品者に比べて「おかしな人」は少ないのでw、逆に安全と判断して混合在庫にしてもいいのかな、とも思いますが。

 

3.『ドンキ』とかで売ってる商品は避ける

これは2の後半と似た考えですが、ぶっちゃけドンキの特売品とか結構パッケージ汚いよねw

この辺と混ざっちゃうと汚い商品当たる可能性が出てきちゃうので、「あ、これドンキで売ってそう」みたいな商品は混合在庫にしません。

あと、中華輸入とバッティングする商品は絶対止めた方がいいですよ。

 

4.ラベル貼りがめんどくさいシチュエーション

うちが混合在庫を使う場面は、もっぱらこれw

そこでしか売ってない安い商品の場合、在庫がある限り100個でも200個でも買っちゃうんで、いちいち貼ってられんのです。

混合在庫にすると商品ラベルを貼る必要がないので、「ヤマト運輸の営業所止めで送料節約」で書いた、箱ラベルだけ貼ってその場で発送ってのが出来ちゃう。

ラベル貼付サービスもあるけれど、混合在庫にした方が早いし安いし。

この場合、少々商品が高かろうが混合在庫で出しちゃいますw

 

まあざっとこんなとこでしょうかね。

商品登録時に「有効/無効」のどちらになっているかで混合在庫になるかどうかが決まるので、商品によって使ったり使わなかったりすればいいと思います。

ま、混合在庫はいいですよーって記事を書いておいてなんですが、利用者が少ないままの方がありがたいんで、皆さん使わないでくださいw

 

電脳せどりは店舗せどりに比べてパッケージが綺麗な状態で送られてくる事が多いから、なおさら混合在庫にしづらいところはあるけど、楽だし意外に安全だし大丈夫ですよ。

 

最後に、ヘルプページにも書いてあることですが、amazonは混合在庫の商品も「誰が納品した商品を誰に発送したのか」をちゃんと管理しています。

万が一何かあったら、誰が納品したかを調べて然るべき対応を取ってくれるそうなので、そこは安心しましょう。

逆に、「パッケージ破れの訳あり品買って混合在庫に出しちゃえw」みたいのは、トラブル起きた時に追跡されるんで、やめた方がいいんでしょうね。もちろん俺はやらないですけど。

・・・まぁ『然るべき対応』が具体的に何を指しているのかは教えてもらえませんでしたが。。。

 

そんなこんなで、今日も混合在庫で出荷してきます!

One Response to “okayan流、FBA混合在庫の有効活用方法”

  1. Doc より:

    You are so awesome for helping me solve this myresty.

コメントを残す

サブコンテンツ

カレンダー

2018年10月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

このページの先頭へ